FC2ブログ

ふらんの放浪日記

自分らしく生きられる人生を目指す

パチ屋の稼働率を下げる日付イベント

こんばんは、関東圏では台風の影響で停電やら断水やら起こりまくってるそうですね。こんなときにもせっせと出勤する社会人たちに頭が上がらないが、出社しなくても大して影響がない仕事などはこういった時にしっかり休めるようにしておきたいですね。無職なりにこんな労働社会なら働きたいなぁと思える日本を考えていこう。といっても特に思い浮かばないが。

この前、三度目のリゼロの6を掴み出玉は3500枚ほど。一回目6500枚、二回目4500枚、んで今回三回目で3500枚とかなり6のヒキはいい。しかしその間に設定4を二回打ち、どちらも4万近く負けと、思いっきり下振れ。なのでトータルで見ればまあ割ぐらいかなーと。明日も日付イベントなのでリゼロを打ちたいが人が多そうなので抽選次第でジャグなども視野に入れていこう。

そんな日付イベが主体の今のスロ業界だけど、とにかく思うのは稼働率のギャップが半端ない。駅前や繁華街などは日付イベント以外にも多少なりとも稼働はある。けれど立地が微妙なとこの平日の稼働が想像以上に悪いので、回収が大変そうだなぁ。今はまだ5号機で回収できてそうだけど6号機主体になったらそういった立地が微妙なとこや中規模のパチ屋もきつくなっていくだろうなー。

思うに日付イベント主体だと客がその店に殺到して、地元にあるホールなど過疎になりやすい。そんな客が殺到するイベントもやるだけあって、ホール側もトントンかマイナス。抽選に漏れた客は何も打てずにウロウロするか、低貸し打つかなど客にとっても店にとってもマイナスなことが起こる。こうした悪循環のせいで地元のホールも過疎化が加速し、客も時間の無駄になってしまい、スロ業界全体の稼働率が低下する。

そしてトドメに6号機という規制。期待されていたまどマギの叛逆も先週に出たが、評価はやはりあまりよろしくない。絆やまど2などのように後から稼働が付くようになるかもしれないが、低設定がすぐに分かってしまう6号機が多いのでこれからホールは回収するのが大変だろうな。6号機の低設定でもまだ一発逆転が狙えるリゼロでさえ閑古鳥が鳴いてる現状で、これから絆やゴッドなどの稼ぎ頭がなくなった後どうなるんだ?

今はまだ日付イベントなどを立ち回れば一応プラスにはなるけども、小遣い稼ぎ程度。一緒に並んでる人たちも専業といえる程稼げてはいないだろう。昔だったら専業の人たちはたくさんいただろうけど、今はそうした専業だった人たちの収支を複数人で分配してる感じだ。

そんな少ないパイですら、日付イベントでの業界全体稼働率の低下、6号機の回収見込みの低さなどを考えると、今後は配ることが難しくなっていくだろうな。

想像以上に夢も希望もないスロ業界だけど、6確演出など出るとやっぱ嬉しいし楽しくもある。これから先はどんなに頑張っても小遣い稼ぎ程度にしかならないのは確定してるので、これからも楽しむためには、しっかりと金を稼げる術を確保していくのが大事だろう。

つまりは働けってことやな!

パチンコ利権 - 瀕死の業界に未来はあるのか? -
宇佐美 典也
ワニブックス
売り上げランキング: 172,808

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する